テニス肘

テニス肘(外側上顆炎)とは

肘の外側、前腕部に痛みを伴う症状で、テニスグリップの握り方、バックハンドで打つ際に痛みが発生しやすいことから「テニス肘」と言われています。

一回の外力で痛みが発生することは少なく、繰り返しの動作で肘に負担をかけるとともに出現します。

そのうち痛みが引くだろうと放置をしていると、痛みが重症化し完治するまでに時間がかかることがあるので症状が出たら早めの受診をお勧めします。

テニス肘(内側上顆炎)の症状

テニス肘は、通常、じっとしている時にはあまり痛みがなく、「手首を反らせる」「内外にひねる」「指を伸ばす」いうような手首を使った動作を行った時に肘の外側に痛みが起こるのが大きな特徴です。
日常生活では、「物をつかんで持ち上げる」「ドアノブを回す」「タオルを絞る」「キーボードを打つ」などの動作をしたときに強い痛みを感じます。
症状の現れ方には個人差があり、急に強い痛みが出る場合もありますが、じわじわと痛みが強くなることもあります。
腕は、日頃良く使う部分だけに一度発症するとなかなか治りにくいこともあり、症状が進行してしまうと安静にしていても肘にジンジンとした痛みが続くようになります。

テニス肘(外側上顆炎)の治療法

肘外側の筋肉を緊張を取っていくのと、身体のバランスを整えることが重要となります。

当院では、手技、物療機を使った筋肉の過緊張状態の改善、肩甲骨、肩関節の位置異常から肘にストレスをかける場合があるため、状態により骨盤矯正、上半身の矯正を行っていきます

 

オレンジ整体院

〒463-0056愛知県名古屋市守山区新城25-18ガーデンビル城下1F