野球肘

野球肘とは?

最も多く発症するのが、野球のピッチャーやキャッチャーのポジションを任せられた小・中学生。成人にも見られます。
野球の競技者に多いので「野球肘」という名称がついていますが、テニスや卓球・バドミントン・ゴルフなど、さまざまな競技で発症するのが特徴です。

野球肘は痛みが表れる場所によって、3パターンに分類できます。
まずは症状を確認していきましょう。

肘の内側の痛み

野球肘の症状で最も多いのが、肘の内側の痛みです。
「上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)」という診断名がつくこともあります。

手のひらを上に向けて腕を伸ばしたとき、肘関節の内側に骨の出っ張りがありますよね。
その部分を「内側上顆」を言います。

主な症状としては内側上顆付近の圧痛や、投球動作をしたときの痛み。
バッティングなど投球以外の動作では痛みが発生しにくいといった特徴があります。

肘の外側の痛み

内側の痛みに次いで多いのが、肘の外側の痛み。
繰り返しの投球動作や衝撃などによって肘の外側の軟骨がはがれてしまう「離断性骨軟骨炎(りだんせいこつなんこつえん)」が、代表的な疾患名です。

肘の後ろ側の痛み

ボールを遠くへ投げるときや、テニスでスマッシュを打つときなど、肘を伸ばして腕を振り抜くときに肘の後ろへ痛みが走ることがあります。

中でも高校生以下の子どもに多く見られるのが、肘の先端にある成長軟骨が開いてしまう、「肘頭骨端線閉鎖不全(ちゅうとうこったんせんへいさふぜん)」。
骨端線にトラブルが起きてしまうと骨の成長が遅れる可能性が高くなるため、程度によっては手術を行なう必要があります。

野球肘の原因とは?

悪い投球フォーム

ボールを深くにぎり込んだり、肘が肩のラインよりも下がった投球フォームは、上半身の筋力に頼る投げ方になってしまうため肘関節にかなりの負荷がかかります。

また、悪い投球フォームというわけではありませんが、カーブやシュートなど変化球の多投も肘や肩に大きな負担がかかるため注意しましょう。

柔軟性の低下

「野球肘」と聞くと肘にだけ原因があると思われがちですが、実際は異なります。
肩関節や肩甲骨の可動性、お尻の筋肉や股関節まわりの柔軟性が低下することもフォームの悪化につながり、結果として肘に負担がかかり野球肘を引き起こしてしまうのです。

練習のしすぎ

大人であれば練習量はある程度自身でコントロールができますが、成長期の子どもは「レギュラー選手になりたい」「監督やコーチ、親に怒られたくない」という気持ちから、練習を頑張りすぎてしまう傾向にあります。

努力を積み重ねることはもちろん大切ですが、限度を超えた練習はかえって身体に負担がかかり、上達のさまたげになる場合があるのです。

 

野球肘 治療法

1.痛みの発生原因をカウンセリングし評価をしていきます。

2、痛みの原因になっている筋肉や靭帯、関節にハイボルテージ治療、手技を行います。

3、動作を分析し、適切な身体の使い方を獲得出来るエクササイズの提案をします。

4、テーピングなどの自宅でやれることもお伝えします。

オレンジ整体院

〒463-0056愛知県名古屋市守山区新城25-18ガーデンビル城下1F