坐骨神経痛

坐骨神経痛とは

坐骨神経は人体のなかでもっとも太く、長い末梢神経で、腰のあたりから爪先まで伸びています。この坐骨神経が圧迫されるなどの刺激を受けると、腰や腎部(尻)、 太もも、ふくらはぎや足の先などに、鋭く、電気が走ったような痛みや、 ピリビリとしたしびれ、強く張っている感じ、などの症状が生じます。これが坐骨神経痛です。  

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛自体は疾患の名前ではないため、坐骨神経の痛みが出た場合は、原因になる疾患が何かを調べる必要があります。例えば、転倒した後に足への痛みやしびれを感じるようになった時のように、坐骨神経痛らしき症状が出たきっかけがはっきりしている場合と、ある日突然に痛み出した時のように、原因が自分でもよくわからない場合があります。
以下に、坐骨神経痛に関わる主な疾患を挙げてみます。

1、椎間板ヘルニアによるもの

椎間板は、背骨を構成している各骨(椎骨)と骨の間にあります。体への衝撃を吸収するという重要な役割があり、弾力性もあるのですが、この椎間板が負荷によってはみだしてしまうことがあるのです。この時神経が刺激されると、坐骨神経の通っている範囲に症状を出します。

2,脊柱管狭窄症によるもの

神経が通っている背骨の中央にあるトンネルが、主に老化により狭くなってしまうことで症状が出ます。しばらく歩いていると、腰の痛み、足の方へ痛みやしびれ、つっぱり感が出るようになり、途中で休まないと足が前に出なくなることもあります。

3,梨状筋症候群によるもの

当院では、この原因が一番多いと思います!!

お尻にある筋肉の中に梨状筋(りじょうきん)と呼ばれる筋肉があり、坐骨神経はこの筋肉の下を通っています。ところが、スポーツや仕事などで腰や股関節などに負担がかかり続けると、この梨状筋にもストレスが及ぶことがあります。梨状筋の状態が悪くなり、坐骨神経を圧迫してしまうと、坐骨神経痛の症状が現れます。

坐骨神経痛の治療法

症状がどの原因によって、出てしまっているのかをカウンセリングにて行い、実際に検査を行っていきます。

1、テスト法を行い陽性反応がでるのか。

2、骨格の歪みによる神経圧迫がないのか。

3,関連している筋肉の硬さがどの程度か。

当院では、手技、骨盤矯正、物療機を用いてアプローチをしていきます。

なお、症状を見させていただき整形外科での受診をお勧めする場合もございます。

オレンジ整体院

〒463-0056愛知県名古屋市守山区新城25-18ガーデンビル城下1F